トラウマ【TORAUMA】|目指せ!日本一オシャレな競馬予想ブログ

  • G1
  • 阪神
  • 自信度:★★★★☆
  • 予想波乱度:★★☆☆☆
  • 2014年6月29日
  • サクマローレル
  • サクマローレル

不安要素の多い3強?の2014年宝塚記念

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Earnestly20110626(1)

オッズを見る限り、世間の評価はウインバリアシオン、ゴールドシップ、ジェンティルドンナの3強ムード。

ゴールドシップとウインバリアシオンが1番人気を争っている状況で、最終的にどちらが1番人気になるのか。
個人的に能力だけ見るとメイショウマンボも含み4強だと思うが、今回適正的にはどうだろうか…。

天候は曇りで芝は稍重。どこまで回復するか。

展開を考える

阪神内回りは基本的に前が有利なのだが、宝塚記念は早くなることが多く上がり最速決着+前でねばった馬1頭になるケースが多い。また、アーネストリーみたいに逃げで勝つ馬もいる。後方からでも一応届くが、傾向を見ると少し前めで競馬が出来て上がり上位で押し切る馬が強い。
今年は逃げ馬不在でカレンミロティック、ヴィルシーナが前に行く展開。ジェンティルドンナがその後ろでゴールドシップもスタートが良ければここの位置になるかもしれない。トーセンジョーダンが、もしかすると逃げる展開になるのかもしれない。
イメージとしては去年のシルポートがいない版になるか。そうするとある程度前有利の状況。

各馬の診断をしてみる

ホッコーブレーヴ

天皇賞では相手に指名したが、フェノーメノを切ってしまっていたので的中ならず…
日経賞、天皇賞の激走は決してフロックではなく6歳にして覚醒した。
距離も馬場も問題ないが、あとは展開が向くかどうか。馬券に絡んでもなんらおかしくない馬。
流れが早くなれば連に絡むどころか頭まである。しかし関東馬不振な統計は気になる。
関東馬で前走2着以下だった馬(0-0-1-19)

デニムアンドルビー

馬場など適正に左右されやすい馬。阪神は向いているので、適正的にはメイショウマンボよりはこちらの方が上。
後方待機なのは今回マイナスだが、ある程度前でもこの馬動けるんじゃないかとイメージしているだけに、ある程度前なら面白い。しかし馬格が無いのも大きなマイナス要素で初の56kgを背負うのは厳しいか…

ヴィルシーナ

前走見事な復活を果たしたヴィルシーナだが、牝馬限定でしか成績を残していないのと、能力的に今だと距離が少し長いように感じるので、ここは苦戦。展開は向くのでどこまでねばれるか。

ヒットザターゲット

今回最低人気になると思っていた馬。ここは厳しいでしょう。

カレンミロティック

今回ペースを握ると考えられている馬。金鯱賞も勝っているし、有馬記念は2.0秒も離されての6着だが、化け物3頭を除けば4着馬との着差は0.1秒、2着とは0.7秒差。展開が向かず前が総崩れの中よくねばった。そこからの競馬、大阪杯は意外な結果だったが、鳴海記念は自分の競馬ができていない。レースレベルに疑問はあるが、阪神を得意としている馬で展開も向くので抑える必要はありそうだ。能力的には弱くないよ。

ジェンティルドンナ

3強の中で展開的には最も合っているであろう馬で馬券に絡む可能性は高そうだ。
不安要素も多く、能力的に衰えは感じはじめている、ドバイ帰り、重馬場。
去年は良かったかもしれないが、今年はどうだろう…少し恐い感じもある。なるべく馬場は回復して欲しい。

ウインバリアシオン

このメンバーの中で一番能力が高く一番好きな馬。正直阪神内回りは苦手な舞台で、能力でどこまで走れるか。
そろそろ勝たしてやりたい馬だが、またここも2着とか、ありそうだな〜。去年の宝塚記念4着は後に骨折が判明したので度外視で良い。いつも通り早めにまくる走りで4角には5、6番手にいてほしい。
馬券から外れる可能性があるとするなら、故障発生もしくは後方待機しすぎ、前が有利な展開になるとか。

トーセンジョーダン

能力は高いが、やはり衰えを感じる。しかし最低人気に評価されるような馬ではなく、もし逃げてくれたら一番驚異になる存在。
今年は最低人気がよく馬券に絡む年なので、「前走○○で今回◎◎人気以下の場合…」といった統計は無視して良い。
激走が恐いので抑える必要はありそうだ。

ヴェルデグリーン

休み明け、中山巧者で阪神走れていない、後方待機で展開は向かないと、マイナス要素が多すぎるので厳しいだろう。

メイショウマンボ

能力は高く、本当に人気にならない不思議な馬。スズカマンボというマイナー血統が原因だろうか。
着外に沈んだレースは全て阪神。間違いなく阪神は合っていない。抑える必要はあるが、ここは不安要素の方が強い。

ゴールドシップ

阪神内回りは最も得意とする場所で1番人気なのも分かるのだが、不安要素として気性の悪さが最近目立っている。
ゲートを嫌ってJRA職員に怒られて入るも、隣の騎手が危険を感じるくらいゲートの中で暴れて大きく出遅れた。
さらに気になるのは、馬券に絡まなかったレース前の調教と同じことをしているそうだ。詳しくは小宮城さんのブログで。デス・スイッチというのが押されたらしい。
能力、適正は間違いないので切ることはできないが、今回軸には不向きだと考える。
その不安要素が無ければ、たとえ出遅れようとも能力的に馬券には絡んで来そう。ようは本人のやる気次第だ。

フェイムゲーム

不安要素も買う要素も無く、天皇賞春からのローテーションなので恐いなーくらいの馬なので今回は厳しいか。
ここまで抑えるとトリガミあるので。

飛び込んで来そうな伏兵は?

3強決着のオッズがやはり低く、1頭でも飛ぶと倍以上になる。
3強中2頭飛ぶのは難しそうだが、考えられる穴馬は以下4頭。

積極的な逃げをしてスローペースになった場合のトーセンジョーダン。
ロングスパート、阪神が得意で今回合うカレンミロティックは、スローペースならさらに恐い。
前が早い展開になり、後方待機組が有利になった場合のホッコーブレーヴ。
いつもより少し前の位置で走ってある程度スローになった場合のデニムアンドルビー。

ここら辺には注意したい。

結論

本命は安定力のある◎ウインバリアシオン。
そろそろG1初制覇してもいいんじゃないか…今回も2着なのは充分にある。
○はジェンティルドンナ
馬場の回復次第というところではあるが、100%の力を出せるようならば馬券には絡む可能性が高い。
▲はホッコーブレーヴ
覚醒した馬だが、重賞未勝利。後ろが届く展開になるそうならば。
△はデニムアンドルビー
最も気になるのが馬格。克服してくれたら阪神も得意としているし重馬場も歓迎。
馬券に絡んでもおかしくない。
×はゴールドシップ
やる気次第という最も厄介な馬、最も嫌いなタイプで今回も切りたい気持ちが強い。
出遅れてもやる気があれば馬券には絡むので切ることはできなさそう。
★はカレンミロティック
ローテーションと馬格が気になる馬だが、能力高くジェンティルと同じような位置で競馬をしたならば、
ジェンティルに勝てる可能性も秘めていると感じる。
☆はトーセンジョーダン
今年の最低人気絡みが大きな購入要素になるが、統計的にどれだけマイナス要素があっても、
逃げれば魅力の方が高くなる。

ウインバリアシオン
ジェンティルドンナ
ホッコーブレーヴ
デニムアンドルビー
×ゴールドシップ
カレンミロティック
トーセンジョーダン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事を書いた人

最近の投稿

PR

【競馬マグナム】に『無料会員登録』するだけで…

  1. ≪有料提供情報鞍の軸馬≫を大公開!推奨理由も明確!
  2. さらになんと!週に1鞍の≪無料公開買い目≫アリ!
  3. もちろん軸馬が見えているから結果ももちろんそのまま公開!≪的中の極意≫も余すことなく全て放出!
  4. 週末の≪オイシイ投資レース≫の展望も無料でご提供!

[的中量産!鉄板鞍で着実増資!][一撃必殺!穴馬で一攫千金!]
どちらの情報にも自信があります!是非無料会員登録で1度実力をお試しください!

▼まずは簡単無料会員登録から!▼
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2BO05G+CLOBQQ+1N42+1HPIHF

投資競馬グループ【マグナム】

Tag Cloud

トラウマ【TORAUMA】ページトップ